info-shizuoka-vb のすべての投稿

インター杯予選結果から

静岡県のインター杯予選が今日行われ男子が浜松商業、女子は駿河総合高校が全国大会への切符を獲得しました
関係者の皆様方おめでとうございます
両校とも久々(駿河総合は静岡市立商業時代以来)の出場になりますね

さて、男子は西部対決だったのに対して女子は中部対東部
しかも、前評判は決してよくなかったチーム同士の決勝でした
前回投稿した記事でも触れたのですが、中学生時代の今の3年生の代は圧倒的に西部が強かったと記しました
その西部のチームが3位にも1チームも入れなかったところに女子バレーの難しさがあると思います
私が思うに、女子に関しては中学生のバレーと高校生のバレーは根本的にかなり異なっているという感じを受けています
中学生で県大会はまだしも東海大会、隣のブロックだと関東大会や近畿大会など初心者で始めた子達がメインの
チームが勝ち進んだというのをあまり見たことがありません

小学校時代、ジュニアの実績がある子達が多く進んだ学校がそのまま勝ち上がるという事は毎年のように見受けられます
一方男子では初心者で始めた子達しかいないチームでも東海大会に勝ちあがるというケースはそれほど珍しいことではないと思います
もちろん熱心な指導者がいて成り立つことではあるのですが、女子の場合は技術の習得にはそれなりに時間がかかってしまう
ということを現しているのではないかという気がします

中学時代に芽が出なくても、高校で今までの練習の蓄積が実を結び、実績のある子達が多く在籍する高校を蹴散らし
優勝した駿河総合の今回の結果は、中学高校の違いというものをはっきりと示してくれたという気がします

16-17NBAファイナル第1戦

いよいよ第1戦が始まりました
カードは3年連続でウオリアーズとキャブス
NBAの魅力はいろいろあると思うのですがもちろん人間離れした驚異的な身体能力を活かしたプレーもそうなのですが
私は個を活かすための組織的なプレーを魅力にあげたいと思います

あれほどの超人的な身体能力を誇る人間の集まりなので、チームスポーツでありながら
自由気ままにプレーしているようにあまりNBAを見てない方は思われるかもしれませんが
どの選手も凄く献身的にチームのためにプレーしています

バレーボールも献身的なプレーが求められる競技なのですが初めて間もない子達から
高校生を見ていてチームのためにとか仲間のためにプレーできない子達が多くいます
自分がボールを触る時だけなんて発想しかできな子達はプレーヤーとしては3流どころか4流
あれほどの能力を持っていても当たり前のようにコートの中を走り回る選手たちを見習って欲しいと
生意気に思っております

で、第1戦は私の応援するウオリアーズが快勝しました
昨年は悔しい思いを私もしましたので、今年はレブロン率いるキャブスを破って優勝して欲しいと思っています
NBA第1戦と書いた割にほとんど試合内容がないのはお許しを・・・

セパ交流戦

今日からプロ野球はセパ交流戦が始まりました
いろいろな対戦を見ることができて私はけっこう楽しみにしています
マンネリのプロ野球、毎年同じカードばかりなので自分的には違うカードが見れていいと思いますが
とあるスポーツ番組で某球団のOBである方が交流戦はもうやめた方がいいとおっしゃっていました

その理由は日本シリーズで見ればいいというもの
ようするに毎年全球団が対戦するのはファンも見飽きただろうから
何十年に1回あるものを楽しみにした方がいいという理論らしいです

さすが、黙っていても客が見に来る某球団のOBらしいお言葉です
娯楽が少なかった時代ならそれでもいいでしょうけど
今は何でもすぐに触れることができる娯楽が有り余っている時代なんです
何十年に1回のものを待ってる間にファンはどんどん離れていきます
交流戦をやめて違うものを始めるという選択ならわかりますが、やめて元に戻すだけなら
ますますファンは離れていきます
今は即効性がないものはどんどん淘汰されていっている時代です
じっくりわかる人だけ見ればいいというコンテンツはすぐに見放されてしまいます
どうして交流戦が始まったのかよーく考えてからモノを言ってもらいたいと思いますけど

それにしてもロッテの石川、自分は打たれてるところしか見たことがありません
運が悪いんでしょうか

粟野杯

5月26日、27日で東部地区の伊豆方面で韮山高校主催の粟野杯という中学生の大会が行われいます
昔々、韮山高校が全国大会4連覇(9人制の時代です)したことを記念して始まった歴史のある大会です
最近は高校が青田買い目的で始めている大会は数知れずありますが、男女両方で大会があるというのも中々ないですよね

しかし、今年の参加校男子は24校はまぁまぁですが女子は20校とちょっと寂しい
過去はたくさんのチームが参加していました
県大会の前にあたり、県大会に出る学校にとってはいい調整の場でもあったりするのですが
一発トーナメントなので、出る方の立場としては1試合やって負けて終わりというのはこの時期もったいない
修学旅行や運動会などと重なり出れないチームも年によってあるのですが
せっかくの男女両方の由緒ある大会なので、ぜひぜひ続けていってくださることを望みます

ちなみに今年の結果は韮山高校のHPにも掲載されていますが
男子は優勝長泉、2位が稲取
女子は優勝長岡、2位が土肥となっております

高校バレー県大会

静岡の高校バレー県大会が行われています
男子は聖隷対浜松商業
女子は沼津商業対駿河総合というカードになりました

男子も女子も決勝の顔ぶれが変わっております
特に女子は東部3位対中部2位の顔合わせであり、地区3位チームの決勝進出というのは
私が知る限りでも記憶にありません(男子では聖隷が下位からというのをけっこう見ますけど)
調べると意外とあるのかもしれませんが、バレーボールというのは
サッカーや野球に比べると大番狂わせが少ないという特徴があると思います
サッカーは守ってPK、野球はピッチャーさえ良けりゃというのがあるのですが
バレーは一人二人ではどうしようもありませんので

女子バレーの今の高3世代は、中学3年生の代は西部3強(西遠、三ヶ日、湖西)が常に上位を占めていました
その事から西部の学校が強い!という結果に終わっても仕方ないのかもしれませんが
それがバレーの面白い所でもあり難しい所でもあります
特に東部3位の沼津商業は中部1位の島田商業を破ったことで勢いに乗ったのではないでしょうか

私も過去に経験があるのですが、この二日目の準々決勝、特に2試合目というのはなかなか大変でして
暑い時期で勝てばすぐに準決勝を控えていて体力的にはシンドイのは確かです
が、逆に言えば勢いに乗ったまま試合ができるという面もあり
その勢いを殺さないでうまくマネージメントができたからの決勝進出だったのではと思います

自分の時はどうだったかというと、ベスト4に入ったことが奇跡で準決勝の試合時間の短かったこと・・・
いずれにしろ決勝が楽しみですね