「スポーツ」カテゴリーアーカイブ

女子バスケット躍進の陰で

まずは、素晴らしい生島淳さんの記事をどうかご覧ください
とても見応えがある評論ですが、バレーでは残念ながらこういう記事を見たことがありません

「町田は代表で干されてますね…」162cm町田瑠唯が4年間の“控え生活”から大逆転、五輪ベスト5に選ばれるまで《女子バスケ》

これは単なる町田選手の絶賛記事ではありません
客観的な事実の考察から、代表の主にポイントガードのことについて、そしてホーバスHCの
ことについても述べられております
そしてこの記事において、生島氏が述べているこの部分こそが女子バレー代表に無かったことだと気がつかされます

記事から引用させていただきます

「重要なのは、システムに町田を寄せるのではなく、町田のスピードとアシスト力を生かすプランを戦術に積極的に取り入れたことだろう。」

怪我人が続出し、代表では常に2番、3番手であった町田選手をメインで使わなければならないとなった時に
今までやってきたシステムに捉われずに、町田選手の個性を活かす戦術に舵を切った
もしそこで、町田選手の個性を殺すような戦術のまま起用していれば
オリンピックのアシスト記録を更新する活躍もなかったでしょうし、銀メダルを取ることもなかったと思われます

さて、女子バレー代表をこの視点で見てみると何が浮かび上がってくるのか
中田監督は最後の最後まで籾井選手のトスをしっかりと打つことができないままの黒後選手を二人揃ったまま起用し続けました
結局、黒後選手の長所である、思いっきりの良さや、パワーの乗ったスパイクが大会を通して発揮されたとは言えませんでしたし
それは、手痛い敗北を喫した韓国戦の最終セットでほとんど打数が無かったことから明らかです
本当に黒後選手の良さを活かすことを考えるなら、他にいくらでも手立てはあったと思うのです

自分が一番信頼できる選手をそれぞれ6人並べ、その総合力で勝つという戦略はシステムというよりも
長丁場で勝利をもぎ取る、いわばサーブ権があった時代の王道戦略
そういった戦術(戦術と呼べるものかは疑問ですが)から離れられず、体格的に著しく劣る日本代表が
勝つための変化や多様性を捨てた時点で、予選で負けることはある意味必然のことであったという気がします

私はことある毎に、中田japanの戦い方に疑問を呈してきました
アクバシュ氏退任後は特に勝ったゲームでも負けたゲームでも、戦略・戦術的な意図をあまり感じることはできず
色々な選手を使っている試合も、あくまで「控え」としての起用としか感じられず
それが代表の先々に繋がっているように感じることがほとんどありませんでした
それでも、結果で私を黙らせてくれれば良かったのですが、就任当初から抱いていた不安が現実になってしまいました

さて、次の監督が色々取り沙汰されております
吉原さんや竹下さんなど、という声がありますが、結果や人気、名前だけではなく
戦い方にしっかりと目を向けて、勝たせてくれる指導者を連れて来て欲しいと願っております

バスケットは従来男女とも人気のある競技でしたが、今回の躍進で子供達の人気が格段に上がったことは間違いありません
子供達はカッコイイ選手が好きですからね
バレー協会、特に女子はこれまでにない危機感を感じ取って代表チームの舵取り、協会の運営をしなければなりません
本当にしっかりしてくれ!と強く思います

女子バスケ日本代表決勝進出!

ベスト4に進出していた女子バスケット日本代表チームですが、先ほどの試合で
フランスを破って決勝に進出しました

今回の五輪、女子の球技の団体競技では軒並み苦戦を強いられている中
圧倒的に高さで劣っている日本チームがあれよあれよの快進撃
いよいよ金メダルを懸けてアメリカと激突します
そんな日本代表、やはり注目選手はポイントガードの町田瑠唯選手
試合を見てない人も、今日の活躍によりニュースでその存在を知ったという人も多いのでは

競技として見るならバスケットが一番面白いのがバスケットだと思っている私
女子バスケットも代表戦などはたまに見ていたのですが、その時の町田選手は
いつもリザーブ的な扱いで、正直ここまでの活躍をすることにかなり驚いていおります

今回の華やかな活躍の裏で今までの代表では常にバックアップ要員
その時の苦労を経ての活躍ですから、なおさら価値があると思いますし
そういった経歴が紹介されればされるほど、多くの子供達に夢を与えるのではと思います
身長がそれほど大きくなくとも、地道に頑張れば五輪記録のアシストをマークすることができる
バスケットを始める子供達、特に女の子が増えるのではと

「私は町田選手に憧れてバスケットを始めた!」
そういった子供達が増えるのは間違いなく、それを思うと
中田何してくれたんやと思わずにはいられません
と、色々書きましたが、金メダル目指して頑張って欲しいと思います

ラグビーワールドカップ日本対アイルランド

バレーのワールドカップ女子は終了しましたが、後日まとめ記事を書く予定です
ところで、表題のラグビーのワールドカップは静岡県のエコパスタジアムで4試合開催されます
その1試合目が土曜日行われました
もう皆さんご存知の日本対アイルランド戦

私は試合を生で見ることはできませんでしたが、エコパスタジアムには居ました
アイルランドのサポーターの人々はとても陽気で紳士的でしたし雰囲気は最高でした
試合後半の福岡選手のトライあたりからの、どよめきや何とも言えない重苦しさと祈るような静けさ

世界的なイベントを間近に見ることができ、しかも今後語り継がれるであろう日本のスポーツ史上に
残るであろう大金星の場に立ち会えた興奮
書かずにいられなかったので書いてみました
皆さんも日本の試合でなくても近くに試合があるなら是非是非スタジアムに行ってみてください
ただし、ビール1杯1,000円となりますので、飲んで盛り上がりたい方は出費を覚悟してくださいね

渋野日向子選手が快挙!


ゴルフの全英女子オープンで渋野日向子選手(20)が優勝しました

「笑顔のシンデレラ」渋野、世界が驚いた全英優勝 ←日刊スポーツさんの記事です

女子ゴルフの世界メジャー大会は現在年間5大会あるのですが、日本人での優勝は
昭和52年(42年前)の樋口久子選手までさかのぼります(男子メジャー制覇はいまだなし)

最終日、2打差の首位でスタートしましたが、スコアを落とし逆にサラス選手に
2打差を付けられましたが、ここからが凄かった
15番Hのバーディーでトップに並びそして、18番H決めれば優勝という7mと距離が残るバーディーパットを
見事に沈め快挙を達成しました
私は特にゴルフ好きな人間ではありませんが、彼女のゴルフはとにかく明るく楽しそう
ちょっと見ていただけの中継に引き込まれてしまい、最後まで見入ってしまいましたが
最後まで見ていて良かった
彼女のプレースタイルに憧れる子供達はゴルフやその他の競技に関わらず増えそうですね