夏の試合は

平成30年度の大会予定が発表されました
今年の県大会はエコパではないようですね
でも、調べると空調がある体育館で行われるようです

もちろん、現在の猛暑の影響での健康被害を防ぐ意味では空調があるなしは非常に大きなことなのですが
夏の試合は空調があるなしで、チームの力が大きく変わってしまうと思います
高校野球も春と夏では勝ち上がれるチームというのは違いますよね
では夏に不利になるチームとはどんな特徴のチームでしょうか

まず、エース一人で何でもやってしまうようなチームは明らかに不利となってしまいます
スパイクを打ちレシーブでも中心になり、もちろんブロックでも柱となる
一人に掛かる負担が大きいチームというのは、夏場の戦いは不利になると思われます

次はセッターがあまり上手くないチーム
セッターの反則は主にダブルコンタクト(ドリブル)とフォールディングですが、ドリブルを多くとられるようだと夏に戦うのは危険になってしまいます
というのも、汗を多くかくためにボールが滑りやすくなってしまうため、ただでさえドリブルを気を付けないといけない状況で一度反則をおかしてしまうと、滑らないようにしようという意識が働き余計にドリブルをしてしまう
ドリブルはもちろん技術的なミスなのですが、その要因は心理的に負う部分が非常に大きいと思います
しっかりトスをあげようという意識が強すぎれば、余計に腕、指に力が入ってしまってボールのハンドリングが狂ってしまう
そのため、レシーブをする方にもプレッシャーがかかり、できるだけやさしいボールを返球しなければという意識が強すぎると短すぎたり、逆に長くなりすぎたりと

逆に、飛び抜けた選手はいないけど、全員のレベルがそれほど変わらず一人一人の負担がそれほどないチームにはこういった状況はチャンスになります
いつもは試合の終盤で決め手の差で敗れるようなチームでも、こういった状況なら相手エースが終盤までに疲弊してしまって決め手の差に泣くことはなくなるかもしれません
また暑さは一本一本の集中力を削いでいくので、平時での相手エースの能力も減退させてくれます(暑い方がより力を発揮するという選手もごくごくまれにいますが)

今回はエアコンが利いた会場で行われるようです
真剣勝負の力と力の対決を楽しみにしたいですね

こちらも久々

前の記事では高校界の出来事を書きましたが、中学でも久しくなかったことが起きました
県大会においてベスト4に西部のチームが進出しなかったのは、なんと平成15年の総体まで遡ります
また今回はベスト8に入ったのは西部1位の西遠のみ
ここだけを見ると今年の西部のレベルは低い?となるのですが、もちろん一昨年から西遠は除いて、
それほど西部のレベルは高くないよという話は現場の先生方からも聞いていたのですが、西部のレベルが
他より低いわけではないと思います
というのも、今回西部8チームのうち、初戦突破は5チーム
8には到達しませんでしたが、力を持ったチームはたくさんあるというのは言えると思います
いずれにしても、西遠を始めとして西部チームの巻き返しがあるのか、今度の県大会もまた注目です

異例だった平成29年(静岡県高校女子)

静岡の女子高校バレーにおいて平成29年はいままでにない事が起こった1年になりました
何が異例だったかというと
新人戦(1月)優勝 西遠 準優勝 三島南
総体(6月)優勝 駿河総合 準優勝 沼津商業
春高(11月)優勝 富士見 準優勝 島田商業

御存じの通り、決勝進出チームが全て異なるという結果
この3大大会、決勝進出チームが全て同じということは今まで何度もあったと思いますが
こういう結果になったことは、多分ないのではないでしょうか(調べてないので断言はできませんが)

ただ春高バレーの時期が2年生の冬から3年生の秋に移った時から新人戦の結果と最後の春高の勝者チームが
違うものになるということは、必然であるという気がします
というのも、以前は優勝チーム以外は6月の頭に新チームになり、最初の県大会は11月中旬
新チーム結成から5カ月以上経過しての県大会が幕開けで、その後半年少しで最後の大会を迎えておりました
最後の大会である総体は1年生加入から2カ月と、よほどの素材ではない限り同じメンバーで5カ月間戦うことになります

しかし、今は11月中旬には優勝チーム以外が新チームになり(総体で引退するチームも多いですが)
そこから2カ月後にはすぐに新人戦を迎えてしまいます
そしてそこから9カ月以上経過して最後の大会を迎えます
その間には新入生が加入し、春高の頃にはすでにチームの主力になる子も多くいると思われますし
逆に春高前に引退する3年生もいたりと、チームの中での選手の入れ替わりも多くなります
静岡県で言えば富士見高校が春高に限ると5連覇なのですが、毎年春高メンバーを見ると、全学年から入っているのが目につきます
1~2年時代はまったく公式戦に出ていない子でも、3年になって活躍している子もいれば
1年生の時から主力として活躍している子もいて、とてもチームのマネージメントが上手だなぁと
こういう視点で高校バレーを見ると、違った面も見えてきますので、保護者の方々も参考にしていただければと

さて、静岡の話題でしたが、それとまったく正反対なのが東京
東京といえば成徳がいて八王子実践、文京、共栄という4強が幅を利かせております
3大大会に限るとこの4チーム以外が入ったのは平成26年のインターハイまで遡らないといけません
東京でももちろん静岡と同じように大会のスケジュールは変わっておりますが
この4校は中学校からほぼ同じメンバーで戦っているため(成徳は北沢中学校)
代が変わったからといって大幅な戦力の変更は起こらない
毎年有望な選手がコンスタントに入ってくる状況だからこその話なのですが

東海中学生新人バレーボール大会

3月24日は名古屋市の守山SCで東海大会の1日目を見に行ってきました
今回は男女4会場に分けての開催なのですが、会場については素晴らしいの一言
やっぱり県大会を勝ち抜いて出られる大会なのですから、中学校などで行うのではなく立派な会場で行っていただきたいと
(来年は静岡開催ですが、予定だと中学校を使うようです・・・)

今回は公共交通機関を使用したのですが、アクセスも素晴らしい
大曽根駅からゆとりーとというバスが会場まで直通
高架にある専用レーンを走るモノレールのバス版といったもので、珍しいものに乗せていただきました

大会の感想につきましては走り書きで
この東海大会を見るのは2度目だったので、例年と比較というわけには行きませんがレベル的には普通だったでしょうか
凄く上手いとかこんなチームでも出れるの?というような事はありません
そんな中優勝した大井川ですが、攻守のレベルが高いですが、完成されているというチームではないので更なる上昇が望めると思います
静岡県は今回出場を逃した西遠という強いチームもいますので、夏の中心になるのは間違いなくこの2チームになると思いました

岐阜県4チームが今回上位トーナメントへ進出しました
しかも順位の関係で偶然にも、同一ブロックにはまってしまうという
多分本音としては他県のチームとやりたいと思った事でしょうけど(笑)
私は守山にいた2チームを見ましたが、チームとしての約束事が徹底されているというイメージを持ちました
それほど身体能力に恵まれているという感じは受けませんでしたが、鍛えられたいいチームだなと

面白いと思ったのが上位には行けませんでしたが、愛知県の古知野中学校
高さもあり、また攻撃力という点では守山にいたチームでもトップクラスの力があると感じました
夏に向けての成長が期待されますね
また愛知には昨年全国に出場した東陽中もいますので、その巻き返しも興味の一つです


審判レベルですが、静岡よりはいい意味で厳しいと感じました
レフリングがある程度しっかりしているとゲームも見応えがあります

甲子園に行ってきました

3月23日、甲子園の1日目を見に行ってきました
特段、甲子園を見に行こうと決めていたわけではないのですが、たまたま近くに甲子園があったため
それも大会1日目という偶然も重なって、だったら一度見に行ってみようと思い立ちました

東京ドームや名古屋ドームは何度か行ったことがあったのですが、甲子園は初ということで
競馬場もそうだったのですが、やっぱり生というのはいいものです
雰囲気が素晴らしい

この日は陽気も良く、野外でのスポーツ観戦でも寒くもなく丁度いい気温でした
近くに住んでいる子供達は羨ましい
甲子園は春休みや夏休みに開催されるため、ちょっと見てみようと思えば電車に乗って、自転車に乗ってすぐに見に行けます

↑そばで見るとやっぱり感動
この日はB級グルメが売店で売っていたので、加古川カツ飯を食しましたがなかなか美味しかったです

バレーボールの情報やたまに日記