「全日本女子バレー」タグアーカイブ

東京五輪 女子 日本対韓国

ご覧になった方も多いのではないでしょうか
怪我から復帰した古賀選手の奮闘虚しく、2-3で手痛い敗戦を喫しました

私なりに勝負を分けた点を二つ上げたいと思います
一つは3セット目の22-22の場面
キムヨンギョン選手にフェイントを決められたのですが、何度も何度も
籾井選手の前にフェイントを落とされた中でのことでした

フェイントに対応する時によくあることなのですが、ケアをしているつもりでも
いざ落とされると間に合わないということがあります
そのため、ああいった場面では落とされる前にポジショニングを大袈裟ともいえる
くらいにとっておかなければなりませんし、経験のある選手なら多分そうしていたと思います
なのであの場面、経験の少ない籾井選手にベンチから指示がだせなかったのかは疑問が残ります
結局アナリストなどがいくら分析しようが、肝心な場面でそれが活かせなければ意味がありません
あの1点を失ったことで、セットを失ってしまいフルセットに持ち込まれることになってしまいます

そして、もう一点は誰もが感じた最後の場面、石川選手へのトスの選択です
石川選手はよくやっていますので、彼女を責める気は毛頭ありません
あの場面、解説をした真鍋前監督ですら石川、石川と連呼しておりましたが
しかしベンチが良しとする戦略と、勝つための最善を尽くす戦略は時として異なる事があります
あの場面、ここまで戦ってきたことを踏まえると石川選手なのかもしれませんが
それは「情」なんです

今までの日本の戦い方から、韓国はもう石川選手しかないと2枚しっかりと準備しておりました
ブロックが動かせないと石川選手の良さであるスイングの早さを活かした攻撃の威力は半減します
果たしてそんな中で、彼女に打たせ続け結果として敗因を背負わすような戦略が良かったのでしょうか
まだまだ思うことはあるのですが、とにかく次のドミニカ戦は同じ失敗を繰り返さないで欲しいと思います

オリンピック代表決定

少し前になりますが、男女とも五輪代表選手が発表されました
男子については、福澤選手が代表に残るかどうかというのが、私自身の一番興味がある部分でしたが
結果としては選考から漏れてしまいました

たしかに、若手選手の台頭などの事情もありますし、能力が若干落ちてきているというのは
否めなかったようにも思えましたが、メダル争いに本気でチャレンジするなら
彼は一番必要な駒であると思っていたので、東京五輪では次の五輪への布石へと舵を切った
と見なしても良いかと思います

誤算があったのは、西田選手の怪我であると思うのですが、調子が全く上がらないエースの
復活抜きで勝負できるほど世界は甘くない、ということを監督もブランコーチも感じていると思うので
この選考は仕方ないかなという気がしています

一方女子については、長岡選手が代表入りするかどうかを誰もが気にしていたことかと思います
結果としては選ばれませんでしたが、これは致し方ないと誰もが思っているかと
情報が即時に知られてしまう現代では、直前の試合に出ていない選手がアスリート全ての夢とも
言える五輪という舞台に立つてしまう・・・ということは不可能に近いです
中田監督もなんとか彼女をその舞台に立たせたかったのでしょうけど

代表発表時の監督記者会見も色々物議を醸したかもしれません
男子の中垣内監督ははっきり言って、外部向けのコメントが苦手
聴き取った相手が何を感じるかという感受性が皆無なので、しゃべらない方がいいと毎回思います
彼自身の感じていることを表現しても、それが聴く方には全く違う意味に聞こえてしまうことが多く(推測ですが)
正直ガッカリすることが多く、最近は見たり聞きたいと全く思わなくなりました
選手の時は本当に凄い選手だったのですけどね

聴いた方がどう感じるのか?という意味で今回は中田監督の会見に対して疑問を抱いた方も多かったのではないでしょうか
指導者あるあるでイマイチぱっとしない選手に対して、「お前のチームなんだ」「エースはお前なんだ」
ということはよくあることです

しかし、彼女が率いているのは代表チームです
発言を聴いて目にするのは、選手、関係者だけではありません
常日頃、選手達と沢山コミュニケーションは取れているとおっしゃられるのであるなら
わざわざ外部に向けてまで言う必要があるのか
どうも、発想が「我慢が美徳」の昭和のままだと感じてしまうのは私だけなんでしょうか

21ネーションズリーグを見て

BS-TBSで毎日試合やってます
見てる人あまりいないかもしれませんが
ところで、男子も女子もドリブル(ダブルコンタクト)の判定、クソ甘い気がします

今回の大会は、東京の前哨戦的な意味合いがあるのですが
日本チームにとっては五輪があろうがなかろうが、東京でメダル・・・というような
感じがないので、ある意味気が楽なのではないでしょうか

もちろんメダル目指してませんと言うはずもありません
ですが、長い間見ている人ならわかると思いますが、まだまだそんなレベルではございません
もし五輪があるなら、パリ五輪が楽しみになるような試合をして欲しいと思っています
特に男子は若手で楽しみな選手がたくさん出てきました
リベロの小川選手なんて、今までにないリベロが出てきたと思っています
ぜひ、男子の試合をまだ見ていない人は注目して見て欲しいと思います

2019W杯女子結果

ラグビーWCや世界陸上も始まり、すっかり影もうすくなってしまったバレーのWCですが
女子は結果が出ております

■最終成績
1位 中国(11勝0敗)
2位 アメリカ合衆国(10勝1敗)
3位 ロシア(8勝3敗)
4位 ブラジル(7勝4敗)
5位 日本(6勝5敗)※ポイント19
6位 韓国(6勝5敗)※ポイント18
7位 ドミニカ共和国(6勝5敗)※ポイント17
8位 オランダ(5勝6敗)
9位 セルビア(4勝7敗)
10位 アルゼンチン(2勝9敗)
11位 ケニア(1勝10敗)
12位 カメルーン(0勝11敗)

今回、フルメンバーで挑んできたのは五輪出場を決めた国の中では中国のみ
アメリカはほぼ2軍という中で、東京五輪でメダルをというのであれば、負けていいのは
中国のみだったのではないかと思います
日本チームは序盤から苦戦し、残り3戦を残して3勝5敗と追い込まれます
セルビア戦の勝敗如何では監督解任という状況にもなりえたと個人的には思いましたが
セルビア戦、2セットを取られた後の3セット目から、日本チームは全くの別チームに変貌しました
荒木、古賀というこだわってきた先発メンバーを外し、控えという扱いを受け続けた
芥川、鍋谷が3セット目になって躍動し日本チームは息を吹き返します
そこからは残りの2試合も完勝し、結果5位という成績でこの大会を終えました

ここからは生意気にも各個人選手の論評を
9段階で評価をしたいと思います(5が普通という評価です)
あくまで私の主観なので、気を悪くされたらごめんなさい

古賀(評価3)
スパイク面であまり貢献できず、それほど悪くないセットも替えられてしまったりと
チームの不振を背負わされてしまって気の毒に感じる面も
脚部に不安があると思われるため、体調面での不安を払拭して元気なプレーを見せて欲しい

岩坂(評価2)
高さ対策で起用された韓国、中国、ロシア戦でもその起用に応えられず
速攻に置き去りにされる場面が多く、相手のハイセットに対しても脅威になりえず
ブロックで存在感を発揮できるように頑張って欲しい

新鍋(評価5)
攻守で光るプレーをする一方で、後半になると息切れし、攻撃面で停滞させる原因を作る事も
レフト側の攻撃や後衛での攻撃参加などでも、もっと貢献できるように頑張っていただきたい
タイミングの良いブロックでは貢献

荒木(評価4)
ベテランとして存在感を示しはしたが、以前に比べてブロック面では相手の脅威になりえず
まだまだチームに必要な存在なので、コンディションを整え頑張って欲しい

宮下(評価4)
終盤に2枚替えとして登場するという難しい役割をこなし続けた
スパイクレシーブで何度もチームを救う活躍を見せるが、トスでは少し合わない場面もみられた
大会が進むうちに周囲とのコンビも合い始めた

石井(評価7)
序盤から苦戦が続くチームで一人コンスタントに能力を発揮しチームのエンジンとして活躍し続けた
かつては苦手だったレシーブやバックアタックなどでも進境著しく、東京五輪でもエースとしての活躍を期待したい

鍋谷(評価5)
大事な試合ではピンチサーバーのみという起用が続いた中、スタメン起用されたセルビア戦で
今までの鬱憤を晴らす活躍は見事の一言
間違いなく日本チームに必要な存在であることを示した

佐藤(評価5)
前半は大事な所でトスが乱れ、そのせいでセットを取り切れず敗因の一つになる事も
ただ、セルビア戦でミドルを思い切って使い続けたこと、この試合を押し切ったことで
自信を掴んだのではないだろうか
全試合スタメンで起用された経験を本番でも生かして欲しい

奥村(評価6)
177という小さなサイズにも関わらず、ブロックでの貢献はチーム1であることを示した
ディグ、つなぎでも献身的な活躍を示した日本チームにはなくてはならないバイプレーヤー
であることを示す大会であった

小幡(評価5)
さすがというプレーを見せる回数が後半増えた印象だが、日本チームのリベロはそれだけではいけない
スーパーレシーブで、チームを救う回数をもっと増やして欲しい

黒後(評価5)
大会直前の怪我で、最後の3連戦のみの出場ながら短い時間でもそれなりの活躍を示した
本番では石井選手との2枚看板で頑張って欲しい

山岸(評価4)
ドミニカ戦での活躍はなかなかだったが、その後はあまり存在感を示せず
リベロとしてもっと技術を上げて欲しい

芥川(評価7)
セルビア戦での活躍で今までの監督の低評価を覆した
切れ味鋭いスパイクはチームに勢いを与え、チームの沈滞ムードを一変させた
彼女と奥村選手の活躍で日本チームの戦い方を示したことはこの大会で一番の収穫になった

石川(評価7)
相手からマークされるようになるこれからが本当の真価を問われることになるが
物怖じしない若い彼女の活躍はチームに勢いを与え、そして相手チームにインパクトを与えた

長内(評価5)
スタメンで出場する試合ではそれなりの活躍を示したが、あくまで新鍋選手を休ませるという役割であった
守備面をもっと磨いて、新鍋選手を脅かす存在になって欲しい

中田(評価2)
メダルをという位置づけで臨んだ今大会であったが、早々に期待を裏切ることになる
セルビア戦からの3連勝でなんとか帳尻を合わせたが、メダルを見据えたチーム状況
とは到底言えず、今後の道筋についても苦難が予想される
正直、今のバレーではメダルは難しいと感じているがこの予測を裏切るようなチームを作っていただければ

2019W杯女子アメリカ戦

アメリカ戦の前の対カメルーン戦、中国戦について少し
カメルーン戦については3-0で勝利、芥川、長内選手がスタメンで活躍しました
翌日の中国戦については0-3でまったく良いところなく敗れました
全てにおいて完敗で内容で伝えることもないくらいでしたが、個人的に思うのは
前の試合、カメルーン戦でいい活躍をした選手を出しても良いのではと
例えば、スタメンで出続けた岩坂選手、ほとんど良いところもないまま最後まで出ていましたが
前の試合で活躍した芥川選手を出さないのは??

中国戦の活躍を期待するのであれば、岩坂選手をカメルーン戦に使うべきなんじゃないのかと
選手を起用する立場で言うと、やはり前の試合頑張った選手は「よーし、やってやるぞ」という
気持ちが強いので、そういった選手の気持ちを考えてあげればチームはより活性化します
結局、使われなければ何をやっても私は控えなんだという気持ちが他の選手にも蔓延してしまいます
勝っている時はそれでも良いのですが、負けている時はそういったモチベーションのコントロールは
非常に重要になると感じます

日本2(24-26 25-22 21-25 25-23 8-15)3アメリカ

結果としては2セット獲っての敗戦で惜しい!となるかもしれませんけど、勝ち切るのは難しいのではと
フルセットになれば、ロシアもそうでしたけど相手はフルスロットで向かってきます
はっきりいえば、そこからが本当の勝負になると思うのですが、見ていて5セット目に勝てそうな雰囲気を
感じることがないというか

石川選手、凄いですね
彼女は高校出てすぐの選手ですが、打つだけでなく高いレベルのプレーを随所に見せています
相手の強いサーブに対しても怯まずオーバーハンドでレシーブができたりと実業団に慣れてしまっている
選手ではできないプレーをやってくれます
そして若いだけに試合に出るたびにどんどん上手くなっている気がしますが、停滞してしまっている現状を打ち破るためには
こうした若い選手を実績とかに関わらず起用するべきなのではという気がします