「中学女子バレー」タグアーカイブ

静岡県高等学校バレーボール競技大会について

静岡県の高校総体予選の中止に伴っての代替大会が開催されることが
高体連バレーボール専門部のHPにて発表されております 

競技によっては、こういった代替大会すら行うことができない現状にも関わらず
普段であるなら、大多数の3年生は引退している時期に大会を開催しようとしてくださる
関係者の努力に敬意を表したいと思います

もちろん色々な考えがあることは承知しております
すでに、この大会を前に競技としてのバレーから引退してしまった子供達もいると聞きますが
それも一つの決断として尊重されるべきかと思います
しかし、プレーヤーとして、マネージャーとしてなどの区切りを
大会を戦う中で、付けたいと願う子供達が燃焼できる舞台が用意されたことは
バレーに携わるものにとっては、とてもありがたいことかと思います

さて中学生においては、代替大会については地区レベルでの開催になると聞いております
部活動が再開されたとて、すでにモチベーションをなくしてしまった生徒も多数いると存じます
すでに、すっぱりと部活から身を引いて勉強に専念したいという保護者・子供達の意向も反映されるよう願いますが
何らかの区切りを大会等に参加することで付けたいと考える子供達が一人でもいるのなら
しっかりと燃焼できるような舞台が、それぞれの子供達に少しでも用意されることを切に願います

静岡県中体連の開催について

昨日になりますが、県中体連会長名で「第 73 回静岡県中学校総合体育大会夏季大会開催中止について」
という文書が出されました
文書の中身ですが、静岡県中体連県大会の中止を告げる内容となっております
詳細につきましては、県協会HPに載っていますのでご確認ください

なお、この文書には下記の一文があったことも併せて紹介します

なお、各支部大会においては地域の状況を踏まえ、各支部中学校体育連盟にて開催時期延期等の検討を行い、
可能な限り開催していただくようお願いさせていただきました。また、各支部(または一部支部)において
大会が設定されていない競技につきましては、各支部大会の開催状況を踏まえ、静岡県中学校体育連盟にて
大会を開催するなどの代替措置を検討いたします。

県大会は行えませんが、支部大会については行うように努力してくださいとのことであります
ただ、これとてコロナが早い時期に収まって平常の学校生活が送れることが第一前提となります
全国、東海、県、を目指して特に3年生は2年間頑張ってきました
そういった努力を見てもらう機会がないまま、中学バレーを卒業することになってしまうのでしょうか
いずれにしても残念でなりません

浜松市立校、休校に 4月10日から5月6日

今日、浜松市も休校になりましたね → 静岡新聞さんの記事
西部地区で過半数近くの学校数を擁する浜松市が、5月の連休明けまで休校をするということで
5月9日から始まる予定だった西部大会は延期もしくは中止の公算が高くなりました
というわけで、まだ発表になっていませんが、4月25日から開催予定の東部大会も
それと足並みを揃えるのではないでしょうか

緊急事態宣言により、連休明けでコロナ感染者が激的に減っていたとしても
私としては、各地区大会は延期してまで実施しないでもいいと思います
それよりも、なんとかして最後の中体連だけでも実施できるように
今はバレーに限らず各競技関係者はできるだけ自制して欲しいと考えております

休校期間中でも一部の高校部活では闇部活を行っていたという話も聞いております
現実は要請に従う人が馬鹿を見るような事態が起こっておりますが
公立学校においては、あくまで部活動は教育活動だと思います
大人がしっかりと子供達にあるべき姿を示せるような社会であって欲しいと切に願います