「バレーボール」カテゴリーアーカイブ

オリンピック代表決定

少し前になりますが、男女とも五輪代表選手が発表されました
男子については、福澤選手が代表に残るかどうかというのが、私自身の一番興味がある部分でしたが
結果としては選考から漏れてしまいました

たしかに、若手選手の台頭などの事情もありますし、能力が若干落ちてきているというのは
否めなかったようにも思えましたが、メダル争いに本気でチャレンジするなら
彼は一番必要な駒であると思っていたので、東京五輪では次の五輪への布石へと舵を切った
と見なしても良いかと思います

誤算があったのは、西田選手の怪我であると思うのですが、調子が全く上がらないエースの
復活抜きで勝負できるほど世界は甘くない、ということを監督もブランコーチも感じていると思うので
この選考は仕方ないかなという気がしています

一方女子については、長岡選手が代表入りするかどうかを誰もが気にしていたことかと思います
結果としては選ばれませんでしたが、これは致し方ないと誰もが思っているかと
情報が即時に知られてしまう現代では、直前の試合に出ていない選手がアスリート全ての夢とも
言える五輪という舞台に立つてしまう・・・ということは不可能に近いです
中田監督もなんとか彼女をその舞台に立たせたかったのでしょうけど

代表発表時の監督記者会見も色々物議を醸したかもしれません
男子の中垣内監督ははっきり言って、外部向けのコメントが苦手
聴き取った相手が何を感じるかという感受性が皆無なので、しゃべらない方がいいと毎回思います
彼自身の感じていることを表現しても、それが聴く方には全く違う意味に聞こえてしまうことが多く(推測ですが)
正直ガッカリすることが多く、最近は見たり聞きたいと全く思わなくなりました
選手の時は本当に凄い選手だったのですけどね

聴いた方がどう感じるのか?という意味で今回は中田監督の会見に対して疑問を抱いた方も多かったのではないでしょうか
指導者あるあるでイマイチぱっとしない選手に対して、「お前のチームなんだ」「エースはお前なんだ」
ということはよくあることです

しかし、彼女が率いているのは代表チームです
発言を聴いて目にするのは、選手、関係者だけではありません
常日頃、選手達と沢山コミュニケーションは取れているとおっしゃられるのであるなら
わざわざ外部に向けてまで言う必要があるのか
どうも、発想が「我慢が美徳」の昭和のままだと感じてしまうのは私だけなんでしょうか

21ネーションズリーグを見て

BS-TBSで毎日試合やってます
見てる人あまりいないかもしれませんが
ところで、男子も女子もドリブル(ダブルコンタクト)の判定、クソ甘い気がします

今回の大会は、東京の前哨戦的な意味合いがあるのですが
日本チームにとっては五輪があろうがなかろうが、東京でメダル・・・というような
感じがないので、ある意味気が楽なのではないでしょうか

もちろんメダル目指してませんと言うはずもありません
ですが、長い間見ている人ならわかると思いますが、まだまだそんなレベルではございません
もし五輪があるなら、パリ五輪が楽しみになるような試合をして欲しいと思っています
特に男子は若手で楽しみな選手がたくさん出てきました
リベロの小川選手なんて、今までにないリベロが出てきたと思っています
ぜひ、男子の試合をまだ見ていない人は注目して見て欲しいと思います

2021春季大会

大分間が空いてしまいました
4月の下旬から5月上旬にかけて東部・中部の選手権が行われました
結果は下記のとおりです

東部・男子
優勝 富士宮四 準優勝 伊東南 3位 富士南 4位 北上
5位 南伊豆東 6位 韮山・大仁 7位 岳陽 8位 富士根南

東部女子
優勝 宇佐美 準優勝 小山 3位 富士根南 4位 北上
5位 大淵 6位 長泉北 7位 伊東南 8位 富士宮四

中部・男子
優勝 城内 準優勝 長田南 3位 島田第二 4位 籠上
5位 静岡南 6位 長田西 7位 焼津豊田 8位 西奈

中部・女子
優勝 安倍川 2位 焼津 3位 清水第二 4位 飯田
5位 大井川 6位 静岡南 7位 東益津 8位 広幡

東部の女子については毎年上位に進出するようなチームが収まっていますね
やはりコロナで部活動が制限された影響を一番受けているのが現3年生だけに
小学校バレーで実績を残しているチームの子達がいる学校が順当に残っているように感じます

中部の男子は結果だけを見ると静岡市勢が独占かというような感じですね
女子については、静岡市の安倍川が優勝しましたが、大会を通じて静岡市の
チームが初めて優勝したということらしいです
長年、志太榛原地区の厚い壁に阻まれていましたが、こちらは東部とは違って小学校バレーでの
チームがなくなったりしている影響が出ているようにも感じます

そして、もうご存知の方も多いと思いますが、西部選手権と県選手権は中止になってしまいました

2021春高

春の高校バレーが無事に行われました
今年は東京代表校が早々姿を消す波乱?の大会となりましたが
優勝はその東京第一代表の文京学院を撃破した岡山の就実になりました

就実の強さはやはり長身選手の上手さということに尽きると思います
他を圧倒する高さを擁しているわけではありませんが、中心選手の高さという点では
他チームからは抜きんでていました
深澤姉妹、周田選手とコート内で一番大きな選手達が攻守の中心として機能していればそれは強いです
高さというのは時に弱点となってしまうことがあります
大きさゆえの動きの緩慢さだったり、ディフェンスの拙さであったりと
相手チームに長身選手が入ればその選手にボールを処理させたりという戦略を取ることも多いのですが
就実にはその戦略は全く通用しませんし、質の高いプレーを3人が終始見せてくれました

と書きましたが、彼女たちが昔からずっと上手だったわけではありませんし、成長するような指導を続けた
就実中・高の指導者の方々の努力が花開いたというべきでしょう

その他では昨年優勝の東龍ですが、ベスト4は上出来だと思います
昨年のレギュラーが多く残りましたが、ミドルで睨みを利かせた荒木選手の穴はやはり大きいですし
小さな選手だけではやはりバレーは勝てません
同じく昨年準優勝の古川学園ですが、メリーサさんは昨年よりも進化していたように思いますが
いかんせん、1枚だけではやはり厳しいです

最後に静岡代表の富士見について
県内では無双していても、全国に行くとやはり小さなチームは厳しい
試合もあまりスピード感がなく、コンビも合わず大きなトスばかりになっていたように思います
新チームにはまた頑張って欲しいと思います

県大会(中学生)が行われました

結果については協会のHPに載っていますのでご確認を
まず、大会が何とか無事に終わって何より、関係者の皆様方ありがとうございました

男子の浜松修学舎は地区予選からの強さが際立っていました
高校も県で上位に進出していますので、今後県男子バレーボール界は
この学校を中心に回っていくようになるのかもしれません
この学校の情報が全くありませんので、あくまで推測になりますけど
浜松には有望な選手が多くいらっしゃいますし、元からバレーが盛んな地域です
父母でもバレーをやられていた方も多いと思いますので、優秀な選手が一挙に集まると
東海でも抜けた存在になれるのではと思っております
今のようなご時世で、公立では練習もままなりませんしね

女子については、西部の上位2校の力が抜けているようです
あくまで結果を見て言ってるだけなので、実際は違うのかもしれませんが
大会に棄権校が出ているのはとても残念なことです
どのような事情があるのかわかりませんが、せっかく子供達が勝ち取った権利です
大人には何でもかんでも禁止にするのではなく、できることを探してあげるような
配慮を期待します