「全日本男子バレー」タグアーカイブ

2019W杯男子ロシア戦

日本3(25‐22 21-25 25‐22 25-16)1ロシア

ロシア戦、長い歴史のワールドカップで初勝利だそうです
この日の勝利の立役者は西田選手だったと思います
石川選手が体調面では万全ではないような感じでしたが、2枚看板の強みでしょうか
この日の勝利を決定づけたのは3セット目、苦しい展開の中で西田選手が最後立て続けに
スパイクを決め、日本の勝利を引き寄せました

今までの日本チームは一人のエースに頼るという事が多かったです
今の監督である中垣内、サウスポーの山本、そして清水と
そのエースが捕まってしまうと、チームは勢いをなくすという事が多かったのですが
今の日本チームは一人が良くなくても、それをカバーできるような戦い方ができるようになっています

ロシアがベストメンバーだったとはとても思えませんが、弱いチームとも思えませんでした
こういったチームから勝ちをもぎ取ったということは日本チームの成長を示していると思います

2019W杯男子

男子のW杯も始まりました
ただいま、4戦を終えて2勝2敗、イタリアに勝ちましたが
アメリカ、ポーランドには敗れての2勝2敗という結果です

1戦目のイタリア戦で3-0で快勝した時には近年の低迷ぶりからは
見違える戦い方に注目を集めた男子代表でしたが、昨日のアメリカ戦も
また違った注目を集める試合になったと思います

アメリカ戦のスタメンは、清水、藤井、山内、高橋、久原、柳田、リベロ山本
リベロを除けば、イタリア戦の第1セットスタメンは山内だけという状況
そして石川を投入することなく試合を終えることになりました

色々な取り方ができると思います
自分が試合を直接見に行っていたら、石川も西田も見れなくて残念とは思うでしょうけど
そういうこととは別に考えると、チームの意思がしっかりしているのは感じます

今までの日本チームならば、大黒柱で人気面でも貢献している石川選手を外すことはできなかったと思います
しかし、外したということは何を意味するかと言うと、この大会に懸ける本気度
もちろん、もしこの後のアルゼンチン戦でいいところもなく負ければ批判されることななると思いますが
それを覚悟の上で采配しているとしたら、なかなか立派な監督さんだということになります
いずれにしてもこの大会で日本チームにとっては大きな意味を持つ試合になったことは確かだと思います

2019ネーションズリーグ男子結果

男子のネーションズリーグが終了しました
結果は女子と同じで7勝8敗で、10位という結果です
順位だけを見れば物足りないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが
私としてはよく頑張ったなぁという印象が強いです

最終戦もそうでしたが、ほとんどの試合で日本は平均身長で10センチ以上高い相手と戦わなければなりません
そのためには、平面の戦いではもちろん頑張らないといけない(レシーブやコート上の動き)のですが
鍵を握るのは高さでそれほど劣っていないミドルのプレーヤーの活躍
ミドルが対等以上で相手ミドルと戦う事が出来れば、全体的な高さの不利を覆すことができるのではないか
今大会を通じて小野寺選手の活躍に光明が見えだしてきたように感じました

世界バレー男子日本対アルゼンチン

日本3(26-24 20-25 30-32 25-20 15-13)2アルゼンチン

日本はフルセットで勝利したものの、グループ5位となり予選敗退が決まりました
スタメンは柳田、福澤、伏見、山内、西田、藤井
ネーションズリーグで結果を出したメンバーに戻して1次予選最終戦を戦いました
やはり、日本は西田選手がフルに能力を発揮しないと何の特徴もない相手にとって戦い易いチームになってしまう
ということがわかるくらい、しびれる場面に西田選手はひるむことなくスパイクを打ち続けました

残念だったのは、後のない3セット目(2セットを落とした時点で予選敗退が決まる)中盤の大量リードしていた場面
S1という西田選手が前衛レフトのローテで連続失点をして追いつかれてしまうのですが
早めに西田選手を代えて石川選手を投入するタイミングが何度もあったと思いました
結局点差が詰まったところで石川選手を投入、中垣内監督は本当に反省してほしい

ネーションズの女子の試合でも岩坂、内瀬戸でローテが手詰まりの場面があってセッターがもうツーで
逃げるしか手がなくなった場面があったのですが、こういう場面で何もしない監督は不必要
高校生や中学生の部活じゃないんですよ
選手は本当にギリギリの状態で戦っているんです
監督やベンチが単なるウオッチャーになってしまったら存在する意味がないんです

この日の試合はメンバー交代も積極的でネーションズの良かった頃のベンチワークに近かったですが
それでも、もっと攻めの采配をしなければ日本は勝てません
ベンチももっと頭脳をフル回転させて戦ってください、以上!

柳田選手、試合に出れない鬱憤をはらすような活躍でした
ミドル二人は攻撃力を発揮(藤井選手もよく使いました)していたので、西田選手に相手のマークが付きづらい状況を作っていました
西田選手がやっぱり万全でないと世界とは戦えません、ということがよくわかりました
伏見選手、この試合はチームに貢献していたと思います
サーブも相手を崩していましたし、驚いたのがスパイクレシーブ
スパイクに対しての反応は悪くなく、けっこう上げるボールがありました

日本は残念ながら1次リーグ敗退でした
世界との差を痛感できる機会を奪われてしまったのは痛恨ですね

世界バレー男子日本対ベルギー

日本1(25-13 23-25 14-25 19-25)3ベルギー

1次リーグ 日本1勝3敗

スタメンは石川、福澤、伏見、山内、西田、藤井
伏見選手が初スタメンです

2次予選に進むためには次の試合、絶対に勝利が求められます
1セット目はサーブが走って一方的な展開で日本がセットを奪いますが
前日のメンバーを戻したベルギーに2セット目からは徐々に圧倒され始めます

日本の敗因は2セット目を取れなかったところか
中盤で離されてしまい、終盤で追い上げたものの一歩及びませんでした
点を取れるところ、踏みとどまらなければいけないところでスパイカーが頑張りきれない
ネーションズリーグではそういう場面、西田選手が獅子奮迅の活躍をしてきましたが
今大会はやはり怪我のためか今一つという印象です

日本の生命線といえるミドル、攻撃面では活躍しましたが、李博選手の不在はやはり大きいかなと
最終戦はアルゼンチンとの試合になります